日本で使いやすいサテライトレーザーモーターグレーダーファームレベラー

Breve descrizione:

1.アーチ型の牽引構造は、フレームを効果的に保護する牽引力に一定の緩衝を提供します。

2. スクレーパー の 支点 が 前後 に 動く ので 、 スクレーパー の 上下 動 を コントロール し やすい。 また 、 地面 の うねり を 軽減 する 作業 を 行う と し に くく なり ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます なり なり なり なり なり なり なり なり なり なり なり なり なり なり なり なり なり なり なり なり なり なり °

3. 折り畳み スクレーパー 、 歩行 時 は スクレーパー を 収納 し て 通行 性 を 高め 、 作業 時 は スクレーパー を 下ろす こと で 作業 幅 を 広げ 、 作業 を 向上 さ せ ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます せ せ せ せ せ せ せ せ せ せ せ せ せ せ せ せ せ せ せ せ せ °

4. スクレーパー の 角度 は 調整 可能 です。 さまざま な 土壌 に 応じ て 、 スクレーパー の 作業 角度 を 前後 に 調整 し て 、 スクレーパー を 最適 な 状態 に し ます ます ます ます ます ます ます ます ます し し し し し し し し し し し し し し し し し し し し し し し し し し し し し し し し

アイテム

12PJD-350

最大。 幅(mm)

3500

最小。 幅(mm)

2500-3500

力(kw)

100-130

効率(hm2/h)

1.9-2.3

働く速度(km/h)

5-15

ワーキングディスタンス(mm)

500

自動整準角度(°)

±5

受信角度(°)

360

レーザー作業半径(mm)

350

平面度(mm/100m2)

±15

作業傾斜角(°)

10±2

油圧油圧(Mpa)

12±0,5

構造様式

トラクション

周囲温度(℃)

5-40

最大折りたたみ (mm)

1000

Dimensioni (mm)

3900*3550*1800

自重(kg)

1750


Dettagli del prodotto

Tag dei prodotti

Elemento 12PJD-350
Massimolarghezza (millimetro) 3500
min.larghezza (millimetro) 2500-3500
Potenza (kw) 100-130
Efficienza (hm2/h) 1.9-2.3
Velocità di lavoro (km/h) 5-15
Distanza di lavoro (millimetro) 500

Angolo di livellamento automatico (°)

±5
Angolo di ricezione del segnale (°) 360
raggio di lavoro del laser (millimetro) 350
Planarità (mm/100m2) ±15
Angolo di inclinazione di lavoro (°) 10±2

Pressione dell'olio idraulico (Mpa)

12±0,5
stile strutturale Trazione
Temperatura ambiente (℃) 5-40
Piegatura massima (mm) 1000
ingombri (mm) 3900*3550*1800
Peso proprio (kg) 1750

1. La struttura di trazione ad arco fornisce un certo buffer per la forza di trazione che proteggerà efficacemente il telaio.
2. Il fulcro del raschietto si sposta avanti e indietro, il che rende facile controllare quando il raschietto si alza e si abbassa.E non è facile cadere quando si lavora per ridurre l'aspetto ondulato del terreno.
3. Raschietto pieghevole, metterà via il raschietto quando si cammina per aumentare la passabilità e abbassare il raschietto durante il lavoro, aumentare la larghezza di lavoro e migliorare l'efficienza lavorativa.
4. L'angolo del raschietto può essere regolabile.A seconda dei diversi terreni, l'angolo di lavoro del raschietto verrà regolato avanti e indietro per fare in modo che il raschietto raggiunga il miglior stato di lavoro.


  • Precedente:
  • Prossimo: